彼岸は廻る 越後妻有版「真実のリア王」写真記録集

越後妻有版「真実のリア王」をテーマに、写真家・森山大道が撮り下ろした写真記録集。
2003年夏「大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ2003」のオープニングイベントとして行われた舞台、越後妻有版「真実のリア王」を、写真家・森山大道の対象の内奥にまで迫るレンズを通して紙面に再現。英文併記。

【著者略歴】
クリスティアン・バスティアンス
1951年オランダ、アムステルダム生まれ。アーティスト。
第12回パリ・ビエンナーレ(パリ市近代美術館、82年)、クレラミュラー美術館(オッテルロー、85年)、デ・アペル現代美術センター(アムステルダム、85年)、ニューミュージアム・オブ・コンテンポラリーアート(ニューヨーク、87年)、ヴェニス・ビエンナーレ・アペルト部門(88年)、大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2003等で作品を発表。


森山 大道
1938年大阪生まれ。1964年以降、フリーランス写真家。
1999年〜2001年、アメリカ4都市、ヨーロッパ2都市の美術館で巡回展。2003年、フランス(カルティエ財団現代美術館)にて個展、他多数。


中塚 大輔
1943年、東京生まれ。成蹊大学卒業。コピーライターを経て、クリエイティブ・ディレクター、アート・ディレクター。
コピーとアートの両面から、深いコミュニケーションのあり方を模索している。朝日広告賞、東京ADC賞、NY・ADC賞、ロンドン広告賞他、受賞多数。シュウ・ウエムラ化粧品の仕事で広く知られる。

※本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです
価格 ¥ 4,104 (税込)
在庫 有り
購入数
備考

著者:クリスティアン・バスティアンス、森山大道、中塚大輔
言語:日本語/英語
判型:B5変型判
頁数:214ページ
発行所:現代企画室
発行日:2004/5/1

一覧ページへ
このページのトップへ